<ドラフト>日本ハム4位の横浜・万波「先輩たちに続く」

25日に東京都内で行われたプロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議では、神奈川県内からも選手が次々と指名された。
自分も先輩たちに続きたいと声を弾ませた。自分のプレーの技術を「プロ野球ではまだ通用しないと思う」と控えめに表現した万波選手。そのうえで、将来、球団の顔になれるような選手になりたいと、抱負を語った。
一方、昨年3選手が選出されたJX-ENEOSからは、左沢優投手(23)がオリックスから6位の指名を受けた。川崎市中原区の宿舎で記者会見した左沢投手は「自分が今年のドラフトにかかるとは思っていなかったので、ただただびっくりしている」と驚きを隠せない様子だった。相模原市出身。
横浜隼人高、横浜商大に進み、県内で野球を続けた。「レベルの高いチームが多い中でやってきたことで、勝つことの難しさや一球の重みを感じられたとふり返り、「長年の夢だったのでうれしい。厳しい場面で登板するときも相手に向かっていく気持ちをもってやっていく。」
社会人野球から行った選手が多く活躍しているチームなので負けずに戦力になりたいと意気込んだ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。