<プロ野球>ドラフト 藤井氏に聞く「当たりくじ」引くコツ

プロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議が25日に東京都内で開催される。
続いて、2回は藤井氏、楽天の島田亨球団社長、西武の渡辺久信監督(いずれも抽選を行った当時)、ソフトバンクの工藤公康監督となっている。藤井氏、楽天の島田亨球団社長、西武の渡辺久信監督(いずれも抽選を行った当時)、ソフトバンクの工藤公康監督となっている。
この3年前のドラフトでは、当時早稲田実高の清宮幸太郎内野手を4球団競合の末、当時早稲田実高の清宮幸太郎内野手を4球団競合の末、当時早稲田実高の清宮幸太郎内野手を引き当てた実績もあった。日本ハムは昨年、くじ運がよくなかった栗山英樹監督に代わり、木田優夫ゼネラルマネジャー(GM)補佐が7球団競合の末に引き当てている。
00年から4年間、サッカーJ1のセレッソ大阪の社長を務め、その後、日本ハムの球団社長に就いた藤井氏は「球団には(獲得した選手が)まず社会人としてしっかりやってもらえるように育ててほしい。選手には「俺はもうプロ野球選手になったんや」という勘違いをしないでほしいと注文を付けた。
小数点第2位を四捨五入 ◇交渉権を引き当てた「黄金の腕」の持ち主※外れ1位の抽選楽天の3回の「当たり」4回のうち、3回は監督時代)▽2回は「外れ1位」の抽選を除く。肩書はドラフト当時▽3回ソフトバンク 王貞治会長(うち2回は「外れ1位」の抽選楽天の3回は「外れ1位」の抽選楽天の3回は監督時代)▽2回ソフトバンク 工藤公康監督西   武  渡辺久信監督日本ハム   藤井純一社長楽   天  島田亨社長 ◇その他ロッテの「当たり」はいずれも社長によるもの5球団以上の競合は9回。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。