<プロ野球>ドラフト 藤井氏に聞く「当たりくじ」引くコツ

プロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議が25日に東京都内で開催される。
続いて、2回は藤井氏は、2010年ドラフトで、ヤクルト、ロッテ、ソフトバンクとの4球団で競合した斎藤(当時早大)を引き当てた。「控室を出るときから、「絶対に当たりくじを引いてくると言っていたと振り返る。」
この3年前のドラフトでは、当時大阪桐蔭高の中田翔内野手を引き当てている。そこで、藤井氏に「くじ引きへのアドバイスは?」と問うと、答えは「ピンチヒッターが引いた方がいいんじゃないですか」 毎年、ドラフトを経て、新人選手がプロのユニホームに袖を通す。
小数点第2位を四捨五入 ◇交渉権を引き当てた「黄金の腕」の持ち主※外れ1位の抽選を除く。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。