【日本ハム】栗山監督がドラ1吉田輝星と感動の初対面「格好ええなぁ」 早くも「コウセイ」と呼ぶ

日本ハムは26日、ドラフト1位で指名した金足農・吉田輝星投手(17)への指名あいさつを行った。
そのままよ。本当に吉田輝星という名前のそのまま。格好ええなぁという感じ。
それがいいよね。そういう選手が光り輝くために、裏では死ぬほどの努力をするとかステキじゃんととべたぼれだった。チームは今季、3位に入ったがクライマックス・シリーズ第1ステージで敗退。
先発投手の補強がポイントで、吉田は高卒ながら即戦力の期待がかかる。指揮官は「軸になってくれると信じている。それプラス、長く野球の世界でマウンドに登り続けて、みんなが見て欲しい投手になってくれると信じている」と大きな期待を隠さなかった。
指名あいさつの場で、「輝星と早くも下の名前で呼ばれた右腕は「うれしかったです」とニッコリ。「自分自身の考えを持って、努力をして、成功をつかみ獲らないといけない。いまはすごく楽しみな気持ちですと表情を引き締めていた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。