巨人5位で“九州のゴジラ”折尾愛真の松井 原監督期待の未完の大器

◇18年プロ野球ドラフト会議(2018年10月25日)  巨人に「ゴジラ松井」が復活する。
原監督も「まだゴジラよりも細身だけどね。松井を超えてくれれば一番いいよね」と期待する未完の大器だ。1年夏から4番に座り、今夏は主将として同校初の甲子園に導いた。
「なかなか名前が呼ばれなくて不安だった。やっと指名されて夢のようなうれしい気持ちでいっぱい」と5位指名を受けると笑みがこぼれた。アピールポイントは「バッティング。
ひと振りで試合の雰囲気を変えられる打者になりたいと目標の打者には岡本を挙げた。同じ中日に1位指名された根尾については「お互い左打ちの内野手。負けたくない。」
自分が新人王を獲るつもりでやるとライバル心もむき出しにした。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。