日本ハム初の育成指名 吉村GM「環境変化が理由」

<プロ野球ドラフト会議>◇25日 日本ハムが球団史上初めて育成選手を指名した。
「2軍戦の試合数が増えたのが大きい。10年前と比べて30試合ほど増えている。環境変化が理由です」。
今季のイースタン・リーグは最大144試合が組まれていた(雨天中止は振り替えなしのため、実際の試合数は123試合消化)08年は96試合だった。日本ハムでは各選手に出場機会を確保するため、育成選手は抱えずにチーム運営してきた。
適正人数の見直しを図り、支配下登録可能な最大人数の見直しを図り、支配下登録可能な最大人数の70人プラス育成選手という選手数でも実戦機会を十分に与えられると判断したという。指名された海老原は今季、創価大からBCリーグ富山に入団。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。