【侍U-23代表】日本7連勝で決勝進出決定 チーム一丸の勝利に稲葉監督「投打がかみ合っている」

コロンビアで行われている野球の23歳以下の世界一を決める「第2回WBSC U-23ワールドカップ」は26日(日本時間27日)、スーパーラウンド第2戦が行われ、日本はベネズエラを6-3で下し、28日(同29日)に行われる決勝進出を決めた。
初回に3四球を選び、2死満塁の絶好機を作ると、今大会初スタメンの原澤健人内野手(SUBARU)が三遊間を破る左前2点適時打を放つと、1死三塁から再び原澤が右翼線へ同点二塁打。稲葉監督は「初回に3点取られたが、すぐに追いつくことができたし、何といっても種市がしっかり粘り強く2回以降投げてくれたことで、日本の流れができたと思う」と振り返った。
2回以降に立ち直った種市は8回は)内田がヒットで出て、どうしようか迷ったが、あそこは何とか走者を進めてとにかく1点取りたい流れだった。
あそこで安田がよくバントを決めてくれたと、1死一、二塁の好機を整えた打線の働きを褒めた。投手が粘れば、打線が応える。「投打のバランスがかみ合っているし、攻撃と守備のリズム、切り替えもやってくれている。」
特に投手が苦しい状況の中でもしっかり粘って投げてくれているのでいい方向にいっていると思うと、7連勝で2大会連続決勝進出を決めたチーム一丸の努力を称えた。日本はA組だったオープニングラウンドで同組の突破国、メキシコ、チャイニーズ・タイペイに勝利。スーパーラウンドでは韓国、ベネズエラを下して4勝0敗とし、スーパーラウンド1位通過が確定した。
明日27日(同28日)のスーパーラウンド最終戦はドミニカ共和国と対戦する。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。