オリックスの宮内オーナー、優勝へ切実な思い「新しい歴史を作らなきゃいけない」

オリックスの西村徳文新監督が26日、都内のオリックス東京本社を訪ね、宮内義彦オーナーに監督就任の挨拶と、25日に行われたドラフト会議の報告を行った。
「それに比べて我々のチームは若干、打つ方でなかなか適時打が出ない。1点が取れない。1点に随分泣いたので、そこは何とかしてくださいと(笑)」と投手陣の奮起を称えた一方で、打撃面の変化に期待を寄せた。
また、「チームとしては、前半は何とか食らいついていったが、後半は1点差に泣いた。そのひとつの要因に故障者がある。このシーズンだけの特殊現象なのか?それともトレーニングの中に問題があるのか?私としては今シーズンが異常であってほしいが、故障者の影響で戦力が落ちた部分はある。」
その辺を監督にお願いして出来るものかはわからないけれど(笑)来季は故障者についても言及した。一方の西村監督は「故障者を出さない。」
これが一番良い。どうすれば故障者が出ないのか。これは自分一人の考えでは厳しい面もあるので、各コーチ、あるいはトレーニングコーチやコンディショニングコーチ、時には選手も交えながら、真剣に向き合っていかなければいけない。
今年も7月、昨年も6月に故障者が出たことでチームが下降線を辿った。故障者を出さない。出たとしてもいかに(影響を)小さくできるか。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。