広島・大瀬良 大舞台で役割果たす「自分の投球ができました」

「日本シリーズ第1戦、広島-ソフトバンク」(27日、マツダスタジアム)  広島の先発・大瀬良大地投手は、5回3安打2失点、7奪三振とまずまずの投球を見せた。
初回にうまく0点で抑えることができ、その裏に味方が点を取ってくれて、チームとして良い入りができました。五回に2点は取られてしまったのですが全体的には悪くなく、自分の投球ができましたと振り返った大瀬良。勝ち星はつかなかったが、先発の役割は果たした。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。