広島・大瀬良 4回までノーヒット投球も…5回に追いつかれ降板

◇SMBC日本シリーズ第1戦 広島―ソフトバンク(2018年10月27日 マツダ) プロ野球の日本一チームを決めるSMBC日本シリーズ(7試合制)は27日、マツダスタジアムで開幕。
4回には2死からグラシアルを四球で歩かせて初めて走者を背負ったが、続く主砲の柳田を内角低めの直球で見逃し三振に仕留めて4回には2死を取ったものの、先発投手・千賀の代打に出たデスパイネの二塁への内野安打に失策も絡んで2失点。
続く上林を空振り三振に斬って取りこの回を終えると、その裏、無死一塁で打席が回り代打・曽根が告げられ降板となった。大瀬良の投球内容は5回で92球を投げ、3安打2失点(自責1)7三振を奪い、与えた四球は1つだった。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。