【侍U-23代表】日本がドミニカ共和国に完封勝ち 8戦全勝で決勝へ 稲葉監督「結束力を持って」

コロンビアで行われている野球の23歳以下の世界一を決める「第2回WBSC U-23ワールドカップ」は27日(日本時間28日)、スーパーラウンド第3戦が行われ、すでに決勝進出を決めている日本はドミニカ共和国を4-0で下し、スーパーラウンドを通算5勝負けなしで終えた。
日本は6回にも2死一、二塁から西巻が中前適時打を放ち、4点目を追加した。投げては先発の阪口皓亮投手(DeNA)が7回まで無失点ピッチング。5回には打球がワンバウンドで右足首に当たり、治療でベンチに下がる場面もあったが、そのまま続投。
気温30度を超える炎天下で3安打8奪三振の好投を見せ、先発の役割を果たした。稲葉篤紀監督は「(ドミニカは)力強い打者が非常に頼もしく思ったし、要所要所でしっかりとダブルプレーをとれたのも非常に多いので、こういう1発勝負で何があるか分からない中で、阪口がいいテンポ、いいリズムで投げてくれた。」
打線についても「1打席目はちょっとタイミングをずらされていたが、2回り目で修正できていた。2死から得点できたのも非常に大きかった」と、エンゼルス傘下の1Aでプレーする相手右腕サントスを攻略した打線を称えた。すでに決勝進出を決めている日本は、28日(同29日)に大会連覇をかけてメキシコと対戦する。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。