【広島】“変身”大瀬良、好投も…前田のドジャース延長18回サヨナラ勝ちに続けず

◆SMBC日本シリーズ2018第1戦 広島2―2ソフトバンク=延長12回規定により引き分け=(27日・マツダスタジアム)  緒方監督の表情からは、確かな手応えが感じ取れた。
ドロー発進を満足げに振り返った。“変身”した大瀬良がソフトバンクを翻弄した。力強い直球を軸とするパワーピッチャーだが、シリーズ初戦はカットボールを主体に。
戸惑う打者を簡単に追い込むと、決め球は持ち前のストレート。CS最終SでCS最多タイの10打点を挙げていた上林を3打席連続で空振り三振に仕留めた。主砲・柳田には内角攻めで2打数無安打に抑えた。
4回までは1四球のみのノーヒット。5回3安打7奪三振2失点(自責1)と開幕投手の役目を果たした。「いろんな球種、変化球をうまい具合に使って的を絞らせなかった。」
僕の仕事はできたと思いますと、胸を張った。女房役の会沢も「(配球は)話し合いながらですね。大地は良い投球をしてくれたと納得の表情。」
上林は、大瀬良の降板後も無安打。相手のキーマンを沈黙させたことは、第2戦以降に生きるはずだ。米ワールドシリーズでは元カープの前田が好救援したドジャースが、延長18回サヨナラ勝ち。
広島は勝利には届かなかったが、やはりリリーフ陣が健闘して0封した。シリーズ初戦に引き分けた1975年(対阪急)、86年(対阪急)、86年(対阪急)、86年(対阪急)、86年(対西武)はともに日本一を逃したが、そのジンクスが気にならなくなるほどの、8投手によるタカ封じだった。
34年ぶりの悲願達成へ、この引き分けを生かす。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。