【日本S】ホークス石川が流れ渡さない好救援! 2回無失点「気負うことなく投げられた」

■広島 2-2 ソフトバンク(27日・マツダスタジアム)  日本シリーズ2018の初戦、ソフトバンクの石川柊太投手が3番手としてマウンドに上がり、広島の上位打線をきっちりと料理した。
広島に流れを渡さなかった。大一番で普段通り力を発揮した右腕は「マウンドが思ったより硬いし、傾斜もあって、イメージの違いはあった」としながらも「全体的に気負うことなく投げられたし、ブルペンの雰囲気も良かった。勝てなかったけど、いい試合ができたと思います」と表情はにこやかだった。
また、マツダスタジアムのスタンドを真っ赤に埋め尽くすカープファンの大声援には「(屋根付きだった)西武に比べて野外だからそんなに響かなかったと語り、完全アウェーの中でも冷静だった。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。