【日本S】鷹、超攻撃的オーダー実らず 工藤監督はジョンソンに脱帽「上回る投球をされた」

■広島 5-1 ソフトバンク(28日・マツダスタジアム)  ソフトバンクが手痛い黒星を喫した。
うちのバッターの調子は悪くないけど、それを上回っていいピッチングをされたと、左腕に脱帽するしかなかった。先発のバンデンハークは初回、先頭の田中を左前への二塁打で出塁させた。打ち取った当たりだったが、左翼に入ったデスパイネのダッシュが間に合わず、不運な安打に。
2死三塁から鈴木の当たりは遊撃への高いバウンドでのゴロとなり、これが適時内野安打となって先制点を奪われた。3回には田中の右前安打と、川島のエラーで無死二、三塁とされ、丸の犠飛と松山の適時打で2点を追加された。
打線はジョンソンの両サイドを突く投球に手を焼き、6回までわずか1安打。7回に3本の安打を集めて1点を返すのがやっとだった。「今日は絶対に取るという気持ちで攻撃的にいかせてもらった。」
序盤にいい攻撃を、立ち上がりに出来たらと思っていた。そこでリズムを崩せれば、とと工藤監督。指名打者の使えないマツダスタジアムの一戦。
前日に死球で交代した内川が使えなかったこともあり、この日は左翼にデスパイネ、右翼にグラシアルという“超攻撃的オーダー”を組んだものの、思惑は外れた。ジョンソンの前に凡打の山を築き、先制攻撃どころか、反撃もままならなかった。第1戦は死力を尽くし、総力戦で引き分け。
第2戦は相手左腕に封じ込められて敗戦し、1分1敗で本拠地ヤフオクドームでの3連戦を迎えることに。「日本シリーズは7戦やって、4つ勝つために、どうやっていくか、考えていきます。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。