ソフトバンク・工藤監督「この引き分けは本当に大きい」総力戦を評価

「日本シリーズ第1戦、広島2-2ソフトバンク」(27日、マツダスタジアム)  野手全員を使い、投手7人の継投で引き分けに持ち込んだ。
「あそこは僕の中で勝負と思って、デスパイネを使いました」と迷わず選択し助っ人も期待に応えた。六回以降はセ・リーグ屈指を誇る広島のリリーフ陣を攻略できなかったが、工藤監督は「この引き分けは本当に大きい。明日以降につながる」と前向きに話した。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。