トランプ大統領がドジャース監督の采配を批判「大きなミス」

◆ワールドシリーズ第4戦 ドジャース6-9レッドソックス(27日・ロサンゼルス)  ドジャースのデーブ・ロバーツ監督が27日(日本時間28日)、ドナルド・トランプ米大統領からワールドシリーズ第4戦での采配を批判された。
4点リードの7回まで好投していたヒルを降板させたのは驚いたとコメントしている。
トランプ大統領の采配批判に対し、ロバーツ監督は試合後の会見で「大統領が試合を見てくれたことをうれしく思います。ただ、大統領がドジャースの試合をどれぐらい見ていたか分からない。1人の意見だと思う」と話した。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。