日本シリーズ3度の初戦引き分け 全3戦に広島の名前 過去2度はどんな展開に?

2018年の日本シリーズ第1戦は、延長12回、2-2の引き分けになった。
先発は広島がエース外木場義郎、阪急は大熊、マルカーノの本塁打で逆転。広島は小刻みに加点して8回に追いついたが、この回からマウンドに上がった剛腕・山口高志に抑え込まれ、引き分けとなった。
なお、この時期の日本シリーズはすべてデーゲーム。引き分け規定は、17時30分以降、新しいイニングに入らないというものだった。○1986年10月18日 広島市民球場西武|01010000000000200000–2 西武は東尾修が先発、広島は北別府学。
西武は2回にブコビッチのタイムリー二塁打で得点し、このまま最終回を迎えたが、広島は9回1死から完封目前の東尾に対して、小早川毅彦、山本浩二が2者連続ソロホームランで追いつく。しかし、延長となって両軍ともに得点が入らず、引き分けとなった。この当時の引き分けとなった。この当時の引き分けとなった。この当時の引き分けとなった。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。