明石商が来春センバツ当確!今夏の兵庫県東西代表対決制して4強

「秋季高校野球近畿大会・準々決勝、明石商4-0報徳学園」(28日、ほっともっとフィールド神戸)  明石商(兵庫1位)が、今夏の甲子園兵庫東西代表対決となった準々決勝で、報徳学園(兵庫3位)を下して4強に進出した。
七回に明石商が均衡を破った。連打で1死一、二塁とし、8番・岡田光内野手(2年)が右中間へ先制適時二塁打。さらに9番・宮口が右前2点適時打を放った。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。