若き侍、全勝で決勝へ!ドミニカも下して連覇に弾み

第2回 WBSC U-23ワールドカップ ○ 日本 4 - 0 ドミニカ共和国 ● <現地時間10月27日 エドガー・レンテリア・スタジアム>  コロンビアで行われている『第2回 WBSC U-23ワールドカップ』も現地時間27日(日本時間28日)にスーパーラウンドを最終戦を迎え、侍ジャパンU-23代表はドミニカ共和国と対戦。
序盤こそ相手先発のサントスを攻めあぐねる展開が続いたものの、4回に打線が奮起する。この回もかんたんに2人が倒れながら、5番の安田尚憲(ロッテ)が二塁打でチャンスを作ると、つづく原沢健人(SUBARU)もライトオーバーの二塁打。前日のベネズエラ戦で3打点を挙げて勢いに乗る男がこの日も稲葉篤紀監督の起用に応え、先制点を叩き出す。
さらに打撃好調の堀内謙伍(楽天)、西巻賢二(楽天)にも連続適時打が飛び出し、この回計3点。二死からの4連打で3-0とリードを広げた。投げては先発の阪口皓亮(DeNA)が力強い速球を武器にドミニカ打線をシャットアウト。
5回には打球が右足を襲うアクシデントに見舞われるも、治療から戻ってすぐの打者を併殺に仕留めて無失点の快投を見せる。好投の阪口を後押しすべく、打線も6回もテンポよく3人で斬るなど不安は微塵も感じさせず、7回まで3安打・8奪三振で無失点。6回に西巻が2打席連続の適時打を放って1点を追加。
リードを広げると、8回からは塹江敦哉(広島)にバトンを繋ぎ、9回は鈴木優(オリックス)が締めて完封リレー完成。3投手でリードを守り、4-0で快勝した。日本はこれでオープニングラウンド5戦5勝、スーパーラウンド3戦3勝の8連勝。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。