<高校野球>智弁和歌山など4強出そろう 秋季近畿大会

高校野球の秋季近畿大会は28日、神戸市のほっともっとフィールド神戸で準々決勝3試合を行い、4強が出そろった。
▽準々決勝 ○智弁和歌山5-2大阪桐蔭をついに破った。立役者は投打で活躍した1年生の池田泰騎だった。
二回2死二、三塁での第1打席。「逆方向に打とうと引きつけてファウルで粘り、最後は甘い直球を遊撃への適時内野安打として追いついた。後も続いてこの回計4点。」
自らのバットで得点し、3球続けて変化球を投げて失点は失策絡みの2点に抑えた。
現在の2年生が入部して以降、17年秋季近畿大会、17年夏の甲子園、17年夏の甲子園、17、18年春季近畿大会、17、18年春季近畿大会、そして今春のセンバツ決勝と大阪桐蔭に負け続けてきた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。