<高校野球>高松商、高知商など4強に 秋季四国大会

高校野球の秋季四国大会は28日、香川県丸亀市のレクザムボールパーク丸亀などで2回戦4試合があり高松商(香川)、高知商、富岡西(徳島)、松山聖陵(愛媛)が4強に勝ち上がった。
三回に2点を先制されたが、香川に焦りの色はなかった。それどころか「開き直ることができた」。崩れることなく、四回以降に「0」を並べたスコアボードが成長の証しだった。
走者を背負う苦しい展開で香川を助けたのが今秋、変化を加えたというチェンジアップだ。五回には1死から2連打で一、三塁とされたが、次打者にはチェンジアップで詰まらせて二ゴロ併殺に仕留めた。
縦方向ではなく右打者への外へと逃げるような回転で、打者の芯を外させ、ピンチを切り抜けた。1年生ながらエースとして出場した昨季。準決勝の英明(香川)戦は、三回途中につかまってマウンドを降り、チームもコールド負け。
センバツ出場もあと一歩で逃したが、「その悔しさよりもピッチングの方に不安が残ったとふがいなさを痛感した。悔しさを糧に1年で球速も球威も増し、ピンチになると冷静さを欠く課題も克服した。背番号「1」をつける背中はたくましくなった。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。