オリックス戦力外から育成契約へ… 元球宴右腕・塚原は軟式片手に復活を目指す

2016年のオールスターに大谷翔平投手と共にパ・リーグの投手陣に名を連ねた右腕も戦力外通告を受けた一人だ。
150キロに迫る直球と落差の大きいフォークを武器に6月14日のDeNA戦で初勝利をマーク。同年は右肘の故障もあり16試合に登板し監督推薦でオールスターにも出場した。
ベンチで一緒になった大谷翔平の真横を陣取り笑顔を見せる姿が印象的だった。だが、2017年は4試合、そして今季は1軍出場のないままオフに戦力外通告を受け球団からは育成選手としての契約を提示された。「何とか生き残りました。」
「もうダメかなと思ったけど球団が最後のチャンスをくれた。あとは肘とどう付き合っていくか。痛みはないので春のキャンプまでに違和感を取ることができれば」。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。