山本昌氏が『石原捕手のファインプレー』と話した場面は?

SMBC日本シリーズ2018・第2戦 ○ 広島 5 - 1 ソフトバンク ● <10月28日 マツダスタジアム>  28日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 日本シリーズ第2戦 広島-ソフトバンク戦』で解説を務めた山本昌氏は、広島バッテリーを高く評価した。
最初の2つインコースでストライクを取ったのが大きかったんです。外目にボール球を使うと読まれちゃうんですけど、3球目に高めに来て外したでしょ。これは石原捕手のファインプレーですよと柳田を三振に打ち取るまでの過程を絶賛。
柳田を三振に打ち取ったジョンソン、石原のバッテリーは続くデスパイネを遊ゴロでスコアボードに0を入れた。ジョンソンは7回に1点を失ったが、7回1失点の好投で、チームに勝利をもたらした。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。