山本昌氏が松田宣浩の適時打は「ソフトB側に大きい」と話すワケ

SMBC日本シリーズ2018・第2戦 ○ 広島 5 - 1 ソフトバンク ● <10月28日 マツダスタジアム>  ソフトバンクの松田宣浩が0-5の7回にタイムリーを放った。
第3打席まで無安打だったが、0-5の7回二死一、三塁の第4打席、それまで抑えられていた先発・ジョンソンが投じた低めのストレートをセンター前へ弾き返し、三塁走者の柳田悠岐が生還した。この適時打に同日に放送された「ニッポン放送ショウアップナイター日本シリーズ第1戦広島-ソフトバンク戦」で解説を務めた山本昌氏は「ソフトバンク側は大きいですね」と話す。その理由に山本昌氏は「松田選手は長いこと不調が続いて、スタメンから外れるというのは異常事態なんですよね。
そこで復帰してタイムリーが出たのは、今日の勝ち負け云々ではなくて、このシリーズの流れで非常に大きいヒットになりましたねと説明した。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。