広島が5回、鈴木の2点タイムリーで突き放す

プロ野球の「SMBC日本シリーズ2018」は28日、マツダスタジアムで第2戦が行われ、広島が5―1でソフトバンクに快勝し、1勝1分けとした。
初回に鈴木の内野安打で先制し、三回に丸の犠飛などで2点を加点。五回には鈴木の内野安打で先制し、三回に丸の犠飛などで2点を加点。
ソフトバンクは四回無死一、三塁で中軸3人が凡退するなど攻撃に精彩を欠き、4安打で1点どまりだった。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。