投手に将来性アリ?ドラフト注目選手たちを「セイバーメトリクス」で高校野球レジェンドたちと比較分析

25日夕方、プロ野球ドラフト会議が開かれ、甲子園を沸かせたヒーローや、大学・社会人で活躍した実力者たちの運命が決まった。
その吉田投手と夏の甲子園決勝で熱戦を繰り広げた根尾内野手同様にオリックス・DeNA・ソフトバンク・広島の4球団から1位指名を受け、くじ引きにより中日が交渉権を引き当てた。また、藤原外野手はロッテ・楽天・阪神の3球団による交渉の末、事前に1位指名し、広島が交渉権を獲得した。
「勝てる野球の統計学」の著者で、統計学的手法を野球チーム経営などに応用する「セイバーメトリクス」の第一人者である鳥越規央・江戸川大学客員教授は「普通はピッチャーや大学生の即戦力選手で競合することが多いが、今回は1巡目で12球団のうち11球団が高校生の野手を指名した。前代未聞のドラフト会議で、驚きをもって見た。一方、西武が即戦力の日体大・松本航投手を指名するなど、各球団の弱点と言われる部分をしっかり埋めるような指名ができていて、非常に良かったと思う」と評価する。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。