【巨人】沢村賞の菅野、分業制時代に完投型の「伝統を継承」「来年は20勝」

プロ野球で最高の先発完投型投手に贈られる「沢村賞」の選考委員会(堀内恒夫委員長)が29日、都内で開催され、巨人・菅野智之投手(29)が満場一致で選出された。
2年連続の受賞は杉下茂、金田正一、村山実、斎藤雅樹以来史上5人目。継投が主流となった現代野球にいい意味で逆行する絶対エースは都内で会見に臨み、完投への強い。
分業制が進んでいる今だからこそ評価されるものでもあると思う。いい伝統というか、そういうものを継承していきたいです 昨年は選考基準7項目のうち、10完投と200イニング以外の5項目を満たして受賞。オフから今年は全項目クリアでの受賞を狙うと公言してきた。
15勝、200奪三振、10完投、防御率2・14、202回、28登板、勝率6割5分2厘で有言実行。時代の流れに合わせようと、今年から7回以上自責点3以下という沢村賞だと思っています。
今年は去年の段階で狙って取ると公言して有言実行で取れたので、達成感は今年の方が格段にあります この日、受賞を知った原監督は「鼻が伸びないようにへし折ってやろうかな」と冗談を言いつつ「勝つべくして勝つ状況で戦う人は大変よ」と賛辞を贈った。菅野には、相手の研究や対策をはね返す強さがある。「当然マークがきつくなっているというのは感じます。
ただ僕もそれを上回るぐらいの気持ちを持っている。そういう状態で結果を出し続けるのがジャイアンツに課せられた使命。特に苦だとは思わないです 向上心は尽きない。
菅野は沢村賞選考7項目で伸びしろを感じる部分を「全部です」とし、覚悟を示した。「決して満足していませんし、もっともっとできると思っています。来年はこのままでいいやと、少しでもそういう気持ちが生まれたらユニホームを脱ぐ時。
何歳まで現役をできるか分からないですけど、常に上を目指せる選手でいなければいけないと思います 来年はリーグ優勝、日本一で原監督の胴上げが最大の目標。
その中で一番こだわりたいのは勝ち星。来年は20勝して沢村賞の全項目をクリアするという高い目標を掲げ臨みたいと思っています どれだけ歴史に名を刻んでも、菅野の挑戦にゴールはない。(片岡 優帆) ◆沢村賞 正式には「沢村栄治賞」。
伝説の大投手、故沢村栄治氏(巨人)を記念し、1947年に制定された。シーズンで最も優れた先発完投型の投手に贈られる賞で、2リーグ分立の50年からはセ・リーグの所属投手だけが選考対象となり、89年から沢村賞受賞経験者らによる選考委員会で選出していたが、82年から両リーグに広げられた。
受賞者には金杯と副賞(300万円)が贈られる。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。