【亜細亜新野球事情】台湾の4割打者にNPBの関心が薄い理由 第三者が条件つり上げか

台湾で『大王』のニックネームを持つ王柏融(ワン・ボーロン)外野手(25)。
当初は阪神、オリックスなど複数の球団が関心を示し、台湾に渉外担当や球団幹部を派遣するところもあった。だがここに来て阪神、ロッテなどの編成責任者が続々という感じで「獲らない」と発言。オリックスはすでに今季、3Aで2冠王のジョーイ・メセネス外野手獲得を発表し“外国人の外野枠”を埋めた。
巨人の原辰徳監督も「うちは獲らない」と明言。無論、マスコミに本当のことを言う義務はない。ただ現場(球場)に赴けば、決まって球団関係者から王柏融の話題が出いてたことを思えば、ここまで関心が薄くなるのも、ちょっと奇異な感じがする。
そこで知己のある球団の渉外担当者に聞いてみた。彼は「王柏融が良い選手に間違いない」という前提で、こんな話を切り出した。「日本の球団は、去年あたりはどこも単純な移籍契約で済むと思っていた。
ところが今回、どうもそこまでの金額は想定していなかったようだ。
「その上でポスティングとなると…。果たしてそれに見合うだけの成績が出せるか。また他にも獲得予定の新外国人選手はいるわけで、予算も無制限というわけではないし」 さらには、こんな話も出た。
「もうひとつ話を面倒にしているのは、ブローカーの存在です」 王柏融はすでにMLB選手もクライアントに持つ大手代理人会社と契約している。しかしその関係者と別の第三者が、日本の球団に「事前交渉」「予備交渉」と称して条件の打診をしてきているというのだ。「その相手側の提示額は、言えないけれどとても出せる額ではないのだとか。
もっとも、ブローカーの存在は、まず日本の球団から具体的な金額を引き出し、それを手土産に選手本人の承諾も得ていないのだが)、堂々と日本の球団に交渉電話をしてくる強者も珍しくなかった。こうした人物は、今に始まったことではない。一時期、韓国から多くの選手が日本に渡ってきたが、時には代理人と称し(実は選手本人に接触し「自分を代理人にすればこれだけもらえる」と契約を持ちかけるわけだ。
まったくの他人の場合もあるが、叔父だの学校の先輩だの、人脈の中で登場する者が多かった。無論、後にはそのブローカーが正式な代理人として出てくることもあるし、日本の球団も手慣れてはいる。ただ「こうした存在が介入してくると、必ず条件のつり上げに繋がってしまうから厄介」(前出関係者)なのだ。
今回もポスティングの入札金額はもちろん、本人の契約総額がどの程度になるのか、仲介者として知ることが出来れば、大きなアドバンテージとなる。とくに台湾で初めてとなるポスティング制度での移籍交渉。相場はあってないものともいえる。
台湾球界の関係者によれば「契約年限はともかく、本人が受け取る金額は、最低でも1年で2億円くらいという想定らしい。しかしそこまで日本の球団が出すだろうか」と、交渉の行方に懐疑的な見方も出始めている。ちなみにこの人物が言う金額は、王柏融本人ではなく、その周辺からまことしやかに出てきている額だ。
もうひとつ、今季、彼の成績は118試合で159安打、31本塁打、84打点、打率・351。決して悪い数字ではないが、17本塁打、84打点、打率・351。決して悪い数字ではないが、17本塁打、84打点、打率・351。
また別の日本球団の関係者によれば「苦手なポイントもちらちらと見え隠れする」という指摘もある。本人とすれば、もちろん日本で挑戦したいという気持ちは強い。聞けば金額条件より出場機会のある球団を希望しているとも。
そんな選手だけに、なんとか日本球界入りは実現して欲しいとも思う。ラミゴ球団の発表によれば、台湾シリーズ終了後に入札に関する手続きを始めるという。彼の地のシリーズは、最長で11月4日に終わる。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。