【楽天】ドラ3弓削、193センチ日本人現役最長身左腕誕生へ「小学生の頃から頭ひとつ出ていた」

楽天にドラフト4位指名されたSUBARU・弓削隼人投手(24)が31日、長島スカウト部長と担当の沖原スカウトの指名あいさつを受けた。
身長が伸びる秘訣を「よく寝ることですね」と笑って明かした弓削。投球をビデオでチェックした石井GMが獲得を熱望したといい、即戦力として1年目からの活躍も期待され「年間を通して勝てるようなピッチャーになりたいです」と意気込んでいた。担当の沖原スカウトも「あの体で規格外のスケールの大きい投手。
存在だけで打者からすると嫌なピッチャーだと思うと話した。◆弓削 隼人(ゆげ・はやと)1994年4月6日、栃木・田沼町生まれ。24歳。
吉永小で野球を始め、田沼東中では佐野シニアに所属。佐野日大高では2年春からベンチ入り。日大に進み、中日・京田とは同級生だった。
4年秋は2勝0敗、防御率1・93で敢闘賞受賞。卒業後はSUBARUに進んだ。最速は149キロで持ち球はスライダー、カーブ、フォークなど。
193センチ、105キロ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。