ソフトB・加治屋の被弾に佐々木氏「短期決戦の怖さ」

SMBC日本シリーズ2018・第3戦 ○ ソフトバンク 9 - 8 広島 ● <10月30日 ヤフオクドーム>  ソフトバンクのセットアッパー・加治屋蓮がピリッとしなかった。
ここで30日に放送された「ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル日本シリーズ第3戦ソフトバンク-広島戦」で解説を務めた佐々木主浩氏は「これは代えなきゃダメですよ。1本出ると上位にいくので怖いんですよね。70試合以上投げている信頼感があるんでしょうが、良さそうには見えないですもんね」と、状態の悪い加治屋を引っ張るべきではないと指摘。
佐々木氏は「信頼なんでしょうけど、短期決戦の怖さなんでしょうね」と首を傾げた。
5点を失い1点差に迫られたところでソフトバンクベンチは嘉弥真新也にスイッチ。その嘉弥真新也にスイッチ。その嘉弥真はきっちりと後続を打ち取り、なんとか1点のリードを保ったまま守護神・森唯斗に9回のバトンを繋いだ。
明日(31日)は違う気持ちでグラウンドに来ることでしょうねとアドバイスを送った。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。