ソフトB・石川がアクシデント離脱か 工藤監督「どのくらいでというのは…」

ソフトバンクの石川柊太が今後、日本シリーズでの登板が難しくなった。
第3戦で勝利したソフトバンクだが、6点リードの8回から登板したセットアッパー・加治屋蓮が0回1/3イニングを投げて5失点と精彩を欠くことになると、ソフトバンクにとってはかなりの痛手となりそうだ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。