ホークス東浜が日本S初勝利 初回の守備に「あれで救われたし乗っていけた」

■ソフトバンク 4-1 広島(31日・ヤフオクドーム) 「SMBC日本シリーズ2018」の第4戦、ソフトバンクの先発・東浜巨投手が5回4安打1失点にまとめ、日本シリーズで初勝利を挙げた。
東浜は「あれで救われました。僕自身も乗っていけたし、チームも乗っていけたと思います」と、野手陣に感謝。その気持ちを胸に2回以降の投球に込めて、広島打線を抑えていき「先頭打者を(塁に)出さなかったことが最少失点に抑えられた要因だと思います」と分析。
強打の広島打線を相手に4安打1失点と好投を見せた。
5回79球で降板したことについて「まだ力的には余裕はありましたが、5回にバランスを崩したことが早目の降板になったと思います。あんなピッチングをしていてはいけない。そこは反省点です」としたうえで「何でもいけるように、次に向けてすぐに準備をするつもりです」と、第6戦以降の“総力戦”に向けて闘志を燃やしていた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。