マエケン、巨人・岡本は「日本に必要な選手」日米野球での真剣勝負心待ち

【ロサンゼルス(米カリフォルニア州)=小谷真弥】ドジャースの前田健太投手(30)が29日(日本時間30日)、巨人・岡本和真内野手(22)との対戦を心待ちにした。
「その若さで打率を残せて本塁打を打てるのはなかなかいない。両方残せる選手は貴重。日本に必要な選手」。
古巣マツダスタジアムで行われる13日の第4戦での登板が有力。対戦が実現すれば、真剣勝負するつもりだ。ワールドシリーズの敗戦から一夜明け、この日は荷物整理などで本拠地を訪れた。
広島からは仲のいい菊池らがメンバーに選出されており「いろんなボールを使いながら打者との対戦を楽しみたい。真っすぐだけで対戦しても打者は楽しくないと思うし。後はお互いに情報交換をできたら。」

 
ref
 

コメントは受け付けていません。