広島、投壊で9失点 4発実らずシリーズ初黒星

ソフトバンクを上回る4本のアーチを敵地で描きながら、勝利にはあと一歩届かなかった。
この日、三者凡退で乗り切ったのは一度だけ。投球のリズムが悪く五回途中4失点で降板した。悔しさの残る73球に、右腕は「四球が失点につながってしまった。」
チームに流れを持っていくことができなかったと唇をかんだ。九里の後を受けた救援陣も失点を重ね、精彩を欠いた。敗戦の中にも収穫はあった。
打線は驚異的な粘りを終盤に発揮し、八回には9番安部の満塁本塁打などで5点を奪い、1点差まで詰め寄った。緒方監督は「すごい集中力を持って戦ってくれた。またあした自分たちの野球をするだけ」と前を向いた。
敗戦を引きずることなく、地に足をつけて戦う。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。