爆笑問題と同姓同名、楽天ドラ2の太田光捕手は話題先行を覆すことができるのか?

プロスポーツは人気商売。
大商大の太田の呼び名は「おおた・ひかる」で、「爆笑問題の「おおた・ひかり」と読み方は違うが、さっそく「爆笑問題」が、MCを務めるTBSの「サンデージャポン」やTBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」でもドラフトを伝えるコーナーの中で、4球団競合の大阪桐蔭の根尾昂や日ハムに外れ1位で指名された金足農の吉田輝星と並んで話題にされた。
それだけで注目してもらえますからと、話題先行型の売り出しを素直に歓迎。「太田さんはすごく発言力がある方ですよね。ネットニュースでもすぐ取り上げられるし。」
めちゃくちゃズバズバ言ってらっしゃるのが、おもしろいと尊敬の念を口にした。爆笑問題・太田との縁は今に始まったことではない。一番最初のとっかかりは、広島・広陵高時代の2014年夏。
太田は、名門高の「4番・捕手・主将」として甲子園に出場、1回戦で、のちに決勝まで進み旋風を巻き起こした三重に延長11回4-5でサヨナラ押し出しで敗れたが、この際も名前が話題になり、大会終了後、まず爆笑問題側からアプローチがあった。爆笑問題がパーソナリティーを務めるTBSラジオの番組制作者から「電話出演していただけませんか?」と学校にオファーが来たのだ。高校生の太田はさすがに出演しなかったが、代理で父の正浩さんが電話出演。
爆笑問題・太田に「僕と同じ名前で、息子さんに迷惑がかかっていませんか?」と気使いされたというエピソードがある。ただし、命名の由来は、爆笑問題とは何の関係もない。正浩さんいわく「聖書からです」。
旧約聖書の創世記第1章にある「神は「光あれ」と言われたというくだりから拝借した。太田は次男。長男の兄の創(はじめ)さんも同様で、こちらは創世記、天地創造から命名された。
ちなみに母の名は「しんり」と読める真理(まり)さん。妹は、愛永(まなえ)さん。大商大の富山陽一監督が入学早々の1年春からマスクを与えたのは、実力もさることながら、「ハートの強さと人間性を見抜いてのこと。
そのあたり、名前の由来や家族に育まれた人柄と無関係ではないだろう。では肝心の実力はどうなのか―。パ・リーグ某球団のあるスカウトはこう評価する。
「今年の大学・社会人の捕手には即戦力の大物と呼ばれる選手はいません。それでも、評価は筆頭でしょう。一言でいうなら捕手らしい捕手。」
動きもいい。彼は打撃もシュアでやわらかく、広角に打ち分ける技術があって打てる捕手に育つ可能性がある。普通、打撃に魅力がある子はそっちに走りがちですが、彼の場合はそうじゃない。
「捕手としての守備力に重きを置いている雰囲気がある。そのあたりも好感が持てます」。大商大・富山監督は―。
「たとえば、彼に試合後「どうやった?」と聞くと「0点に抑えました」とか、先に失点のことを答えます。それしか言わない。打撃のこととかじゃないんです。
「チームの勝敗に使命感を持っている。そういう捕手は少ないですよ」。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。