【日本S】ソフトバンク“短期決戦スタイル”の積極采配で勝利 スタメンは調子次第

■ソフトバンク 4-1 広島(31日・ヤフオクドーム)   貪欲に勝利を狙う姿勢が実った。
3回2死、一塁から上林が右翼へ2ラン。日本シリーズ、この日試合前まで11打数1安打と苦しんでいた男がうっぷんを晴らすかのような一撃。「見事なホームラン。」
非常に大きかったと、勝利監督インタビューで工藤監督は喜びの表情を見せた。さらにデスパイネにも2試合連続の一発。投げては先発の東浜が5回1失点で日本シリーズ初勝利。
鈴木に一発は打たれたものの最少失点に抑え、先発投手としての役割を果たした。その後は自慢の中継ぎ陣が無安打無失点に抑えて試合を決めた。CSから印象的なのが、ソフトバンクの戦術だ。
レギュラー格でも特別扱いはしない、まさに短期決戦スタイル。
6回1死一、三塁では、7番・三塁でスタメン出場していた松田に代えて長谷川。これが当たり、中前適時打で貴重な4点目をもぎ取った。初戦はデスパイネ、2戦目は上林がスタメンを外れた。
レギュラーシーズンとは違った戦い方だが、その二人がこの日、本塁打で存在感。それぞれが結果に貪欲になり、白星を近付けている。試合後の勝利監督インタビュー。
工藤監督は「ヤフオクドームで負けるわけにはいかない。ファンの皆さんの声援のおかげ」と、何度も鷹党に感謝した。1日は本拠地12連勝、そして王手がかかる一戦。
「とにかく明日だけを考えて、戦っていきたい」と指揮官。勢いを殺すことなく、突っ走りたい。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。