本拠地2連勝のソフトバンク 工藤監督2つの“非情采配”と背景

◆SMBC日本シリーズ2018:第4戦 ソフトバンク4-1広島(31日・ヤフオクドーム) パ・リーグ2位からクライマックスシリーズ(CS)を勝ち上がってきたソフトバンクが、本拠地で2連勝。
その中で工藤監督は、投打に情を捨てた采配を見せた。まずは2点リードの6回の攻撃。表の守備でモイネロがピンチをしのいだ直後で、足を絡めて広島3番手の今村を攻め、1死一、三塁のチャンスにこぎ着けた。
ここで指揮官は松田宣に、代打・長谷川勇を送り込んだ。松田宣はポストシーズンで調子が上がらず、西武とのCSファイナルステージ第3戦から、スタメン三塁はほとんどグラシアルに譲っていた。そのグラシアルが日本シリーズ第3戦で、帰塁した際に右手親指を負傷。
急きょ今シリーズ2度目のスタメンに入ったが、そこまで2打席凡退していた。代打で初球を打った長谷川勇は二遊間の真ん中を割る中前適時打。工藤監督は「ちょっと松田君には申し訳なかったんですけど、あそこはどうしても1点取りたかったところ」と説明。
長谷川勇が右足首に古傷を抱えることも織り込み済みで、より併殺打のリスクが少なくなることに期待し、左打者の1番田中から始まる打順で、指揮官は嘉弥真を投入。
本来はシーズン72試合登板の加治屋について「同じところでいってもらう」と説明。「打たれた後に何か言うより、黙って、さあいくぞと送り出したいとまで言っていた。
それが実際には嘉弥真を起用。試合後、「1番(田中)からだったところと、ちょっとブルペンからの報告もあってと説明。嘉弥真を起用。」
先頭の田中を抑えて、1回をパーフェクトの結果だった。指揮官は「4番の(右打者)鈴木君のところではいく予定にはしてたんですけどね」とは言うものの、結局、加治屋の出番はなく、9回は森が3人で締めて試合終了。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。