鉄壁救援陣にソフトB・工藤監督「感謝しっぱなしです」

SMBC日本シリーズ2018・第4戦 ○ ソフトバンク 4 - 1 広島 ● <10月31日 ヤフオクドーム>  鉄壁のリリーフ陣が勝利を呼び込んだ。
4-1の8回は森が打者3人をわずか7球で締め、チームに日本シリーズ2勝目をもたらした。
工藤公康監督は、1安打も許さなかったリリーフ陣に「頑張ってくれているおかげで、野手陣が少しずつ点を取れば勝ちに結びついていく。CSの最後からリリーフ陣には感謝しっぱなしです」と褒め称えた。10月31日に放送された「ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル日本シリーズ第4戦ソフトバンク-広島戦」で解説を務めた大矢明彦氏も「上手く森まで中継ぎ陣が持ち場を頑張りましたよね。
その間に追加点もありましたしね。主導権を渡さずに、みんながしっかり食い止めましたよねと、広島打線を封じたソフトバンクのリリーフ陣を評価した。昨季の優勝の立役者となったセットアッパー・岩嵜翔、守護神・サファテが不在に加え、日本シリーズに入ってからも第2先発としてCSでチームに貢献していた石川柊太が故障、加治屋が第3戦で5失点と本来の力が発揮できていない。
それでも、僅差を守り切るだけのリリーフ陣がソフトバンクにはいる。改めて広島に選手層の厚いことを示した。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。