西武小野投手コーチ就任会見、課題は「無駄な四球」

西武小野和義1軍投手コーチ(52)が4日、埼玉・所沢市内の球団事務所で就任会見を行った。
そこさえクリアできれば、おのずと成績は上がると即答した。「無駄な四球を避けるのが一番。技術を上げるためには、やはり投げなきゃ変えられない。」
この秋は、投げるのがテーマになる。量は多くなります。ブルペン。
遠投。ただし、いつも全力で投げることで、いいフォームで投げ、ブルペンでリリースポイントを考える。
意識を変えることも大事になっていくと思いますと6日からの宮崎・南郷キャンプでの指導方針を掲げた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。