MLB今季ぜいたく税対象はRソックスとナショナルズのみ ヤンキースは対象外

今季メジャーチームの中でぜいたく税の支払い対象となるのは、レッドソックスとナショナルズの2チームのみになることが分かった。
今季のチーム年俸総額の上限は1億995万ドル(約222億9600万円)が対象で、これを超えたのはレッドソックスとナショナルズだった。レッドソックスは昨オフにフリーエージェント(FA)の目玉だったJD・マルティネス外野手と5年1億995万ドル(約124億4400万円)が対象で、これを超えたのはレッドソックスとナショナルズだった。
ナショナルズは今季終了後に、スター外野手ブライス・ハーパーがFAに。チームはクオリファイング・オファーを提示しているが、10年3億ドル(約340億円)を超える大型契約になると見られており、再契約した場合は来季もぜいたく税を上回る可能性がありそうだ。一方、ぜいたく税の対象チームとして常連だったヤンキースやドジャースは対象から外れ、今オフは制限なくFA選手の獲得に全力を注げることになる。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。