“甲斐キャノン”台湾盗塁王封じも「投手のおかげ」

<ENEOS侍ジャパンシリーズ2018・壮行試合:日本5-6台湾>◇7日◇ヤフオクドーム 「甲斐キャノン」が試合の流れを変えた。
2死になり、まずは初球で王威晨が再び盗塁を狙った。ファウルになったが、期待感にざわめきが起きた。
甲斐は「雰囲気は、走ってファウルされたときの感じでわかりました。」
期待されるのはうれしいし、それに応えないといけない。今日も投手のおかげ。(山崎)ヤスがクイックや間合いを変えたりしてくれた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。