【侍ジャパン】甲斐のマルチ打、秋山の左翼線二塁打などで再び同点

◆日米野球 日本―全米(9日・東京ドーム)  日本が反撃に出たのは5回、勝ち越しの3ランを浴びた直後の攻撃だった。
2死二塁となった場面から5番のソフトバンク・柳田は申告敬遠。一、二塁のチャンスとなって打席に立ったのは、巨人・岡本。しかし空振り三振に倒れて、勝ち越しとはならなかった。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。