9日から開催の日米野球 MLB選抜の野手は豪華布陣、その全貌とは?

9日から東京ドームで開催される日本代表対MLBオールスターの日米野球。
※名前の後は年齢。所属球団は2018シーズン終了時点。成績は左から打率、本塁打数、打点数、OPS。
OPSは出塁率と長打率を足したもので.800を超えると強打者とされる。◯捕手ロビンソン・チリーノス(34)所属球団:テキサス・レンジャース昨季成績:113試合 .222 18本 65打点 OPS.757 捕手ながら高い打撃能力をみせるベテラン。今季は自身最多の18本 65打点 OPS.757 捕手ながら高い打撃能力をみせるベテラン。
レンジャースからFAとなった今オフの日米野球は、就職活動の意味合いも。ヤディエル・モリーナ(36)所属球団:セントルイス・カージナルス昨季成績:123試合 .261 20本のホームランを放った。
本人は2020年シーズンを最後に引退することを表明している。JT・リアルミュート(27)所属球団:マイアミ・マーリンズ昨季成績:125試合 .277 21本 74打点 OPS.825 メジャー屈指の打撃能力に加え、コンスタントに2桁盗塁を記録できる総力も併せ持った、3拍子揃った捕手。主力を次々に放出したマーリンズへの不信感からトレードを要求しているとされ、来季開幕時には他球団に所属している可能性が大いにある。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。