侍稲葉監督、4番山川交代の非情采配でサヨナラ勝ち

<2018日米野球:日本7-6MLB選抜>◇第1戦◇9日◇東京ドーム 稲葉篤紀監督(46)が、勝利にこだわる采配でサヨナラ勝ちをたぐり寄せた。
稲葉監督は「山川選手は先日の台湾戦を含めて今日も自分のタイミング、間合いで打ててないという判断をしました。ジャパンとしてとにかく勝つということを目標にしている以上、他のメンバーもいるわけですから最善の努力をする。どうしたら勝っていけるのか。」
4番変更も示唆した。先発岸は4回まで1失点と好投したが、80球の球数制限で5回1死一、二塁の場面で降板。
2番手成田が3ランを浴びた。稲葉監督は「成田投手は球数制限があるので、あそこで岸投手が投げきってくれたら良かったが80球になった。(ブルペンで)つくっていたのが成田投手でした。」
成田にはもっと楽な場面で投げさせたかったのが本音ですが、ああいうタフな場面で投げさせたかったのが本音ですが、ああいうタフな場面で投げさせたかったのが本音ですが、ああいうタフな場面で投げさせたかったのが本音ですが、ああいうタフな場面になってしまった。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。