継投と4番への代打…稲葉采配の明と暗「我々は最善の努力をする」

【2018日米野球・第1戦】 ○ 侍ジャパン 7 - 6 MLBオールスター ● <11月9日(金) 東京ドーム>  侍ジャパンは9日、東京ドームで行われた『2018日米野球』の開幕戦でMLBオールスターチームと対戦。
ここで球数制限の80球に到達していたため、1番サンタナの場面で投げさせたかったと主張。
経験値の低い若手を“タフな場面”に送り込み、結果的に裏目に出てしまったが、「その後もしっかり抑えた。逃げずに堂々と投げてくれたので、次に生かしてくれれば良い。次に生かしてくれれば良い。」
◆4番に代打 その裏、侍ジャパンは秋山翔吾の走者一掃となる3点適時三塁打で試合を振り出しに戻すも、6回表に再び本塁打を被弾して2点差に。そのまま9回裏へと突入したが、稲葉監督の思い切った采配が逆転サヨナラを呼び込んだ。一死一塁の場面で上林誠知を果敢に走らせると、これが成功。
さらに「台湾戦含めて今日も自分のタイミング、間合いで打てていないという判断(稲葉監督)」のもと、二死二塁の場面で4番の山川穂高に「代打・会沢」。パの本塁打王の状態を見極めた上での采配が奏功し、会沢が中前への適時打でつなぐと、これが柳田のサヨナラ2ランの呼び水となった。この采配について稲葉監督は「ジャパンとして勝つことを目標にしている以上、我々は最善の努力をする。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。