【巨人】吉川大が、松原が、紅白戦で盗塁成功!走塁改革へ積極的な意識が浸透

巨人が11日、宮崎秋季キャンプで紅白戦を行った。
2回2死一塁から増田も吉川尚の2球目に盗塁を試みた。
シーズン終了後、新たに鈴木尚広外野守備走塁コーチが「広島と比べても盗塁の企図数が少ない。スタートを多く切れれば、それだけ相手にプレッシャーをかけられるわけだから。」
失敗することを恐れないことが大事と、どんどんスタートを切るよう意識改革に取り組んでいるが、この日の紅白戦で形として表れた。盗塁だけでなく、6回無死一塁から左翼線の左前安打を放った育成選手・笠井が一気に二塁を狙って間一髪の二塁打とした。7回2死一塁から左翼線の左前安打を放った育成選手・笠井が一気に二塁を狙って間一髪の二塁打とした。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。