【巨人ドラ1高橋優貴の素顔】小学時代に定岡正二氏から1対1指導「縁だったのかな」

巨人からドラフト1位指名を受けた八戸学院大・高橋優貴投手(21)。
6歳だった03年、阪神・星野監督が宙に舞った。井川が20勝を挙げ、打線は矢野、今岡、赤星らが躍動。熱狂的な阪神ファンの父・幸司さん(50)の下で育った優貴は、春季キャンプも訪れてサインを集めていた。
「僕も野球がやりたい」。野球熱は強まっていった。当時の家の前には、日立製作所の工場グラウンドがあった。
野球経験のある父と2人でキャッチボールをした。休日には弁当を持ち、茨城県大会を1試合目から最後までスタンドで見た。家では大会のトーナメント表をなぞった。
「とにかく野球が大好きでした」。大人たちがソフトボールをしていると、仲間に入れてもらうほどだった。巨人との出会いも、03年だった。
巨人OBが教える読売新聞社主催の野球教室に参加。定岡正二氏から1対1で指導を受けた。質問大会では「巨人ファンの人?」と聞かれ「阪神ファン」と手を挙げると、定岡氏も「僕もだよ」と笑った。
「すごく覚えています。今考えるとそれも巨人との縁だったのかなと」と振り返る。中学でも縁は続いた。
入団した友部シニアの監督を務めていたのは、元巨人投手の原田明広氏(52)当時の優貴は身長160センチにも満たなかったが、「投げ方はオーソドックス。いい投手になるなと。」
いつもボールを持っていて、本当に野球が好きな子でしたと原田氏は言う。優貴は「うまくなりたい」と中1から朝練を志願。投球フォームを基礎から教わった。
「プロを目指そう」と原田氏から背中を押されたが、“野球好き”なだけでは通用しなかった。チームは同じ左腕がエースを担い、3年間控え。中2秋の東関東大会決勝戦で先発したが、敗れて号泣した。
「ずっと悔しかった」 中3の夏、原田氏が「見てほしい」とブルペンで投げている優貴を紹介し、若林監督の目に止まった。元々、高校は寮生活を希望し、若林監督の目に止まった。元々、高校は寮生活を希望し、東海大菅生への入学を決めた。
「(11歳差の)弟の面倒が見られる訳でもないし、自分が家にいた方が迷惑をかける。それに高いレベルの中でやろうと。プロを目指すからには独立しないと何も始まらない」。
15歳で地元を去った。入寮した直後。未来の巨人のエースに出会い、衝撃を受けることになる。
◆高橋 優貴(たかはし・ゆうき)1997年2月1日、茨城・ひたちなか市生まれ。21歳。田彦小3年時に勝田スポーツ少年団で野球を始める。
田彦中では友部シニアで投手としてプレー。東京・東海大菅生では1年夏からベンチ入り、3年夏は西東京大会準優勝。青森・八戸学院大に進学し、通算50試合20勝12敗、301奪三振。
178センチ、82キロ。左投左打。家族は両親と弟。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。