侍・山川 スタメン落ちも九回に代打で意地の一打「何かのきっかけになる」

「日米野球、侍ジャパン3-7MLBオールスター」(11日、東京ドーム)  スタメン落ちの山川穂高(西武)が、九回に代打で登場。
意地の一打に、「今日は朝、(ヘッドコーチの)金子さんにアーリーワークを付き合ってもらい、ボールの見方も良かったし、低めも見極められたと納得の表情。復調にも手ごたえを感じている様子で「これが何かのきっかけになると思う。打席では来た球を打つことしか考えていなかったし、そこを打つことができたのが良かった」とうなずいた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。