侍J多和田5回途中5失点降板 米モリーナ“ロケットランチャー”発動&3ラン

◇日米野球第3戦 侍ジャパン―MLB選抜(2018年11月11日 東京D)  侍ジャパンの多和田真三郎投手(25)が守備のミスもあって5回途中5失点で降板した。
モリーナはこの日、3打数3安打。4回には現役トップの盗塁阻止率・407を誇り、ロケットランチャーの異名を持つ強肩で一塁走者の上林(ソフトバンク)をけん制で刺した。開幕3連敗阻止へ攻守で奮闘している。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。