創価大・杉山2発浴び敗退、来秋ドラフトへ成長誓う

<明治神宮大会:関西国際大4-2創価大>◇11日◇大学の部2回戦◇神宮 創価大が本塁打2発に泣いた。
真っすぐは良くもなく悪くもなかった。4年生の試合を終わらせてしまって申し訳なかったと悔いた。1イニングずつ救援した小孫竜二投手(3年=遊学館)、望月大希投手(3年=市船橋)とも無安打投球だったが、打線は2点を返すのがやっとだった。
3人で下級生のころから切磋琢磨(せっさたくま)してきた。先月ドラフト指名された東洋大の上茶谷(DeNA1位)、甲斐野(ソフトバンク1位)、梅津(中日2位)同様、創価大の3投手も「3本の矢」として期待が掛かる。杉山は「そう言ってもらえるのはありがたいが、今日の結果ではまだまだ。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。