【侍ジャパン】巨人・岡本、16打席目の初安打 ボテボテゴロに全力疾走「ヒットはヒットなので…」

◆日米野球第3戦 日本3―7全米(11日・東京ドーム)  日米野球第3戦は、開幕2連敗を喫したMLB選抜が先発全員安打となる12安打を放ち、初勝利。
岡本がヌノの外角低めチェンジアップをバットの先で捉えると、打球は高く弾み、捕球した二塁手の送球がそれて内野安打となった。「ヒットはヒットなのでよかったです」。壮行試合から含めて計16打席目で侍ジャパン初安打。
初戦の6番から1戦ずつ打順を下げ、この日は8番でスタメン出場。野手では唯一無安打で取り残されていたが、待望の一打となった。7日の台湾との壮行試合で代表デビューしたが、日米野球では外国人投手特有の手元で動くボールに苦戦。
この日は2戦で10打数1安打の山川とともに全体練習前に室内練習場で打ち込んだ。岡本はフリー打撃でも中堅から逆方向への打撃を徹底。「体が開いていた。」
「欲が出ていたのかもしれないので、基本に戻ってですね」。2打席目にあと少しでスタンドインという右飛を放った。
「2軍から1軍に上がった時を思い出して、初球から集中していた。これが何かのきっかけになると思う」。3戦目で初黒星を喫した侍だが、両リーグ屈指の若き大砲に復調の兆しが見えた。

 
ref
 

コメントは受け付けていません。